定年後に登録販売者資格を目指す!

定年後資格登録販売者1

登録販売者とは、2009年に施行された改正薬事法で定められた医薬品の専門家の事です。以前は薬剤師だけが一般薬品販売を行っていましたが、法改正から資格取得者であれば、薬品の販売が出来る法改正から生まれた専門職です。

 

以前の薬品の販売は、ドラッグストアーと薬局だけでの販売資格です。それが法改正で、一般薬品の販売を他の機関でも販売出来るようになりました。また販売する人も薬剤師だけでなく、登録販売者の資格取得者であれば、販売を行う事が可能になった専門職です。

 

但し全ての薬品の取り扱い販売が出来るわけではありません。一般用医薬品のうち、
第二類医薬品

 

第三類医薬品

 

のみですので注意が必要。それでも定年後に医薬品販売の業務を行う事が可能な専門職です。

 

登録販売者は誰でも受験できる

定年後資格登録販売者2

登録販売者になる為には、厚生労働省が示した医薬品の知識や取り扱いの為の試験に合格する事が必要です。厚生労働省が示した出題傾向を基に都道府県の機関が,出題問題を行っています。

 

資格試験の受験条件は、年齢や性別が不問です。つまり、誰でも受験が可能であると言う事になります。もちろん定年後に試験にチャレンジする事が出来ます。実務経験が必要のない事も受験を受ける好条件です。また学歴も不問になっていますので、大学や薬大を卒業してなくても受験が可能です。定年後であっても多くのチャンスに巡りあえる専門職の試験システムです。

住居する都道府県の機関で、定期的に試験が受けられます。医療薬品を取り扱う為に幅広い医薬品の知識が必要になります。その為に試験に合格する為には、全ての科目が一定点数を取得する必要性があります。

登録販売者の収入・仕事量は?

定年後資格登録販売者3

受験で合格しても、販売従事登録の申請や実務経験を積む事が必要になります。それでも登録販売者の収入は、一般的な小売業従事者に比べて高収入です。調剤薬局だけの求人募集だけでなく、ドラッグストアー等の多様な求人募集が望めます。

 

募集需要が多い労働市場ですが、試験合格者が低めの傾向です。その為に専門職として、収入が高めになっています。定年後に高収入が望める専門職でもあります。資格手当て等を支給する仕事条件は、収入アップが望めます。

 

仕事量に関しては、一般的に週末が休める仕事環境があります。医薬品が必要な人に販売する利点の為に仕事量は、軽作業の仕事量です。パート等の短時間での雇用形態が可能ですので、定年後に短時間での労働が出来る専門職です。

 

▼資格の資料請求はこちら▼

定年後資格登録販売者ボタン

 

>> 定年後の生き方に役立つ資格10選  TOP