定年後に介護職員初任者研修を目指す!

定年後資格介護職員初任者研修1

介護初任者研修とは、以前はホームヘルパー2級と呼ばれていた資格が変更されたものです。2013年度から導入されており、所定修了時間130時間で講義と演習によってカリキュラムが組まれている資格です。

 

資格を取得した後は介護福祉士へとステップアップしていくことが可能です。受講にあたっての年齢制限はありませんので、定年後の働きかたの選択肢の一つとして注目を集めています。介護業界での仕事に従事する場合、原則としてこの介護初任者研修を受講しなければなりません。

 

介護業界と言いますと若者が多いというイメージを持たれる方も多いかと思いますが、介護事業者の中には定年後の高齢者の視点を施設運用に組み込もうという試みもあるため、定年後のシニア人材も積極的に受け入れています。また、定年後は自身も含め、介護というものが現実問題として直面してくる時期でもあるので知識を得るために勉強するという方もいます。

 

介護初任者研修取得のメリット

定年後資格介護職員初任者研修2

それでは、介護初任者研修受講のメリットは何があるのでしょうか。この資格を取得した場合、介護に関する基礎的な理解があると認定され、その後介護福祉士にステップアップをすることができるということが、大きなメリットといえます。

 

また、介護福祉士試験の受験時に、試験に関して一部優遇制度もあることは非常に魅力です。介護福祉士は国家資格ですので、介護業界で働きたいとお考えの方には、一つの目的地だとも言えます。

研修受講修了時から介護施設で働くことができるため、介護福祉士への近道だともいえます。また研修を修了した方を優先して採用する事業者が多いため、介護業界での就職を考えた場合、就職に非常に有利と言えます。

定年後の介護業界での仕事探し

定年後資格介護職員初任者研修3

それでは介護業界でどう仕事を探していけばよいのでしょうか。定年後の介護業界就職の場合、正規職員と非常勤職員という選択肢があります。定年後の方の場合、求める収入や勤務形態が異なりますので、求人票でどちらを希望するかを絞り込めば希望に合った勤務先を見つけることが可能です。

人材不足のため元気な高齢者に力を貸してもらいたいという事業者や、体力的に厳しい場合シフト制で働いてほしいといった採用意欲があるため、仕事を探すというより自分にマッチした仕事を選ぶというイメージになります。

体力が若者にはかなわなくても、シニアならではの視点でこうすれば介護する側にも受ける側にも負担が少ないなどの提案ができるほどの人材の場合、希望の勤務先を選ぶことは容易です。定年後世代の介護業界への就職は、思いの外歓迎されているのです。

 

▼資格の資料請求はこちら▼

定年後資格介護職員初任者研修ボタン

 

>> 定年後の生き方に役立つ資格10選  TOP