定年後にファイナンシャルプランナーを目指す!

定年後資格FP

ファイナンシャルプランナーは、民間資格ではありますが家計等のお金に関する専門家としての資格です。収入よりも支出面での見直し・収支バランスの視点での話を行っていきます。特に、
住宅ローン

 

生命保険

 

税金

 

といった支出が大きいものについて、家計のバランスなどの助言を行うことが可能になります。ただ、あくまで助言を行うだけであり、強制できるものではありません。

 

それでも助言を求める人が困っているわけで、そうした人に対して適切な助言を行う事で、無駄な支出などの削減に繋げて健全な家計を形成できるお手伝いを行っていきます。この助言等について、そのことによる報酬を得られることから、人気が高まっているものです。

 

定年後にファイナンシャルプランナーを取るメリット

定年後資格FP2

ファイナンシャルプランナーは家計のバランスの見直しが出来るよう、助言をしていくものです。この資格自体には定年などは全くありませんから、定年後であってもそれまでの経験と知識、資格を持ってしっかりとした助言を行えるものです。

特に定年後の仕事として、それまでの経験をしっかりと有する人であれば、金融機関などから声がかかるケースも少なくありません。その経験と知識を持って適切な助言がよりし易くなるものと見られるからです。

また、外部から講師として招かれることも多く、そうした場において発言をしていくことで、受講者側が正しい知識を持って、家計の破綻にならないように助言を行っていきます。若い人よりは定年後の年配の人の方が、その発言の重みを増すこともプラスに働くことでしょう。

 

定年後のファイナンシャルプランナーの仕事先・収入

定年後資格FP3

定年後にファイナンシャルプランナーとして働きたいという場合には、個人で事務所を開設する方法があります。ただし、開業から当面の間は収支がかなり厳しいことを覚悟しなければいけません。

 

その他には銀行や生命保険会社に雇用されることもあり得ます。顧客の収支のバランスと希望から、適切な金融商品の紹介を行っていくものです。このときには、正規職員というよりは非正規職員として働く勤務形態が多くなる傾向とされています。

 

なお、元々銀行等に勤務していた場合には、雇用延長や再雇用として継続する形になるでしょう。この場合は定年前の賃金よりは少なくなりますが、正社員として働ける余地は多くなりますので、働きやすい環境の場合も多いです。

 

▼資格の資料請求はこちら▼

定年後資格fpボタン

 

>> 定年後の生き方に役立つ資格10選  TOP