定年後は【資格】で生き方を決める!

定年後資格定年退職

間もなく定年を迎えられる方、またすでに定年を迎えられた方。大変お疲れさまでした。これまで様々な苦労があった事と思います。定年退職後はまずゆっくりと骨休めし、ご自身のために時間を有効活用していただけたらと思います。

 

さて、定年後に考えなければならないこととして何をして過ごすか?ということがあろうかと思います。これまで仕事に勤しんでこられた方ならなおさら、定年後にぽっかりと空いてしまった時間を持て余してしまうのではないでしょうか。そんな時におすすめしたいのが資格取得。

 

定年後に資格を取るメリットは?

定年後資格メリット

知識が増え、熱中して打ち込める

 

実生活の中でも役立つ

 

時間が有効活用できる

 

再就職へのステップになる

 

など、メリットは数多くあります。

 

こちらでは、定年後に資格取得を目指す方のために生活に役立つ実用的な資格と、再就職に役立つ専門的な資格を全10選ご紹介。初心者の方でも目指しやすい資格で、定年を迎えてからでも始めることができます。

 

定年後の生活に役立つ資格

 

定年後資格ペン字

ペン字・書道の特徴

ボールペン、筆ペン、毛筆などで美しい字を書けることを証明する資格です。通信講座・通学講座があります。

硬筆書写検定やペン字検定、賞状書士、実務書道師範などの資格があります。資格取得を狙わず、練習目的でも利用できます。

評価 評価5
備考 冠婚葬祭のみならず、日常のあらゆるシーンで役に立つ
ペン字・書道の総評

パソコンが普及した時代とはいえ、まだまだ手書きで文字を書く機会は多いです。冠婚葬祭はもちろん、日常のふとした時に美しい文字を書ける人は一目置かれる存在ですよね。自分自身に投資する時間ができた定年後こそ、ご自身の書く文字を見直すチャンス。

▼無料で資料請求可能▼

定年後資格食育

食育の特徴

介護、子育て、メニュー考案など毎日の料理に役立てることができる資格。調理場などへの就職口もあります。

食育アドバイザー、 国際薬膳食育師、フードインストラクターなどの資格を目指します。講座によって学べる資格は様々。

評価 評価4.5
備考 大切な人の健康のため、楽しく美味しく料理を学ぶ
食育の総評

定年後に料理を本格的に始める人は多いです。どうせなら実益と健康を考え、資格を目指してみましょう。食育は食事によって健康管理を考える資格。家族の介護職や孫への手料理など、身近な人にふるまう場所があるのも魅力。スーパーの調理場や福祉業界でも役立ちます。

▼無料で資料請求可能▼

定年後資格MOS

マイクロソフトオフィススペシャリスト(MOS)の特徴

Excel・Word・PowerPointといったMicrosoftのソフトを使いこなせる人に与えられる資格。

業種・職種を問わずパソコンを使いこなせることの証明になるため、幅広い業界から認知されています。

評価 評価4
備考 現代社会の必須知識!パソコンを扱えれば世界が広がる
マイクロソフトオフィススペシャリスト(MOS)の総評

定年後に学ぶにはもってこいの資格。これまで苦手としていた方は定年後のこの機会に克服してみてはいかがでしょうか。また、得意とされていた方にとっては資格を取得することでスキルの証明にもなります。再就職の際の認知度も◎。試験は毎月行われています。

▼無料で資料請求可能▼

定年後資格着付け

着付けの特徴

着物を自分で着るのはもちろんのこと、他人に着せ付けるための技術を学びます。

着付けスクールに通うことで、着付師資格・きもの免許・着物着付講師などの資格を取得することができます。

評価 評価3.5
備考 日本の心・きものを着こなす。行事には着物を着て出かけてみよう
着付けの総評

いつかは着物を着て、京都や奈良の街を歩いてみたい…そう思っても、なかなか着物を着る機会はありません。定年後に時間が取れるようになったら、着付けを学んでみましょう仲の良い友人や家族と一緒に着物で街を歩く。資格を取れば、そんな夢が叶えられますよ。

▼無料で資料請求可能▼

定年後資格漢方薬膳

漢方・薬膳の特徴

高血圧・糖尿病・肥満などの生活習慣病を食生活で防ぐ、漢方について学ぶ資格です。

薬膳インストラクター、中国漢方ライフアドバイザー、国際薬膳食育師などの資格を取得することができます。

評価 評価3
備考 医食同源の漢方で、定年後の食生活を見直す
漢方・薬膳の総評

定年後の世代が気になる生活習慣病は、漢方や薬膳料理で予防していきましょう。初心者から学べる漢方の知識は、単に資格取得だけにとどまらず定年後の食生活に必ず役に立ちます。通信講座で、手軽に楽しく学ぶことができます。

▼無料で資料請求可能▼

 

定年後の再就職に役立つ資格

 

定年後資格FP

ファイナンシャルプランナー(FP)の特徴

税金・投資・住宅ローン・不動産・教育・老後・相続など、生きる上でのお金にまつわるスペシャリストとなる資格。

就職に有利になるだけでなく、自身の人生設計の見直しもできるお役立ち資格。

評価 評価5
備考 お金の専門家!抜群の知名度と実用性を持つ資格
ファイナンシャルプランナー(FP)の総評

保険や税金といった身近なテーマに関わる資格なので、取り組みやすいのが特長。資格自体に知名度があり、履歴書に書かれていれば一目置かれます。保険業界だけでなく幅広い分野で活躍できるので、定年後で時間にゆとりがある人は是非。

▼無料で資料請求可能▼

定年後資格介護職員初任者研修

介護職員初任者研修の特徴

社会問題となりつつある介護。その最前線の仕事の基礎から応用までを身に着ける資格です。

介護の現場は職歴や年齢にこだわらないことが多く、再出発の場としては最適です。

評価 評価4.5
備考 ホームヘルパー2級から名称変更、介護の基礎から学ぶ
介護職員初任者研修の総評

受験資格が不要で、初心者でも始められるという入り口の広さが魅力の資格。資格取得者の需要は高いです。介護の現場は激務という風潮がありますが、人とのふれあいはやりがいを感じさせてくれます。年齢制限はありませんので、定年後でも始められます。

▼無料で資料請求可能▼

定年後資格宅建

宅建(宅地建物取引主任者)の特徴

不動産を取引する際に、仲介役となる国家資格。宅建士のみが行える独占業務もあります。

不動産業界をはじめ、小売店の建設部や金融業界でも活躍が見込める優良資格。ただし、難易度は高め。

評価 評価4
備考 難易度は高いが取れば一生モノ!目指す価値あり
宅建(宅地建物取引主任者)の総評

国家資格で人気も高いです。年齢・性別・学歴関係なしで誰でも受験可能。難易度は高めですが、実は合格者全体の15%は学生や主婦。定年後でもしっかり勉強すれば充分にチャンスはあります!

▼無料で資料請求可能▼

定年後資格登録販売者

登録販売者の特徴

資格取得者は、一般用医薬品のうち、第二類医薬品・第三類医薬品の販売ができるようになります。

薬剤師が不足している薬局や医薬品取扱店など、薬を販売している店舗で求められている資格です。

評価 評価3.5
備考 薬局・薬販売店で需要あり。薬の知識も身に付く資格
登録販売者の総評

不足する薬剤師を補う形で、一般用医薬品の販売を行うことができます。比較的新しい資格で、実務経験・学歴は不問。受験資格も必要なく、誰でも受験することができます。通信教育など自宅学習でも取得できるので、定年後も勉強しやすい資格。

▼無料で資料請求可能▼

定年後資格行政書士

行政書士の特徴

憲法・行政法・民法といった法令に関わることや、政治経済・一般常識など幅広い知識を学びます。

依頼を受けると許認可申請書や権利義務証明、事実証明といった書類を代行して作成し、官公署へ提出する仕事です。

評価 評価3
備考 独立開業が可能な、頼れる街の法律家資格
行政書士の総評

街の法律家として、様々な書類作成・提出の代行を行います。豊富な知識を活かしてコンサルタントとして働くことも。宅建よりさらに勉強時間が必要と言われていますが、、定年後の時間を勉強に注ぐなら十分チャンスあり。

▼無料で資料請求可能▼